ダイエット食事


食事によるダイエットで注意することは砂糖と脂肪を一緒にとらないことです。砂糖をとるとインシュリン分泌が活発となり、その結果、脂肪が分解されずに体に蓄積されやすくなります。

ダイエットしていても食事は1日3食きちんと食べることが大切ですが朝2、昼3、夕1の割合が理想です。

調理の場合もなるべく揚げたり、炒めたりせず煮る、焼く、蒸すが基本です。油を使う調理法をなるべく避け味を薄味にすることによってダイエットばかりが、健康維持にも役立ちます。

主食はパンや麺類よりご飯がおすすめです。いずれも主成分は炭水化物ですがパンや麺類は粉なのでインシュリンの分泌が活発になり脂肪の蓄積が促されます。

ご飯を食べる時はよく噛むこと。噛む回数を増やすと唾液の分泌が良くなります。すると、唾液の消化酵素(アミラーゼ)が食べ物を「糖」に分解します。糖分は血液に吸収されるので、血糖値が上昇し、今までよりも早く(正常に)満腹中枢が刺激されます。


ダイエットの基本

ダイエット運動
ダイエット食事
ダイエットサプリ

ダイエットの種類

酢ダイエット
朝バナナダイット
ヨーグルトダイエット
骨盤矯正
ジョギング
岩盤浴 ダイエット

部位別ダイエット

/二の腕
お腹/ヒップ

(C)美容・コスメ・ダイエット
†:*:.ナデシコ.:*:†
2010ALL Rights Reserved.

無料HPスペース
+ accespace.jp +